自分なりのSNS活用

東大阪バーチャルシティ管理人の戯れ言

*

泣くということ~感動編

      2015/04/16

「泣く」って一言に言ってもいろいろありますよね
僕はドラマや映画の感動モノ(恋愛・生き死に系)で泣くことはありません
というか泣きません、意地でもw
でも感動はしているつもりです、泣きそうにもなります
でもやっぱり泣きません
動物もの、特に動物の生死を扱った映画などは見ません
その類のものは、もし見たらかなりの長い間引きずるからです
幼き頃に見た「フランダースの犬」で打ち止めです
。。。ところが
スポーツでは泣きます、というか泣きまで行かなくてもドラマや映画以上に泣く寸前まで行きます
感動・熱いもののこみ上げ・さぶいぼ。。。
はるかにスポーツで湧きあがってきます
昨日の夜、テレビで現在の荒川静香選手のことを特集してました
以前からそうなのですが、荒川選手の演技を見ていると感情が湧き上がってきます
もちろん技術的なことは専門的なことは何にもわかりません
まったくのド素人です
でもね、ほぼ毎回彼女の作品を見ると感情が湧きあがってくるんです
気持ち悪いでしょw ええおっさんがこんなことになって
でもしゃーないんです なるもんしゃーないんです
どうせおかしいんです
サッカーの試合で見てると感情が湧きあがってきたり、昔のF1にも
おかしいついでに昔のプロレスでも感情が湧きあがり泣いたことあります
ええ変態ですよ、おかしいですよ
最近のプロレス・格闘技にはそういった試合はありません
昔は1・2年に1試合ぐらいはそういった試合がありました
今はありません 熱い試合がありません 熱い選手がいません
ドラマ・映画でも友情や男気系は今でも心地よくヤバイですw
感情湧きあがります
青臭い31歳ですよ、どうせ。。。
携帯のメールが苦手でも、絵文字が使えなくてもいいんです
この感覚は一生持ち続けてやるぅ~
男は親の死、以外は泣いたらあかんねん!

 - 雑記

Comment

  1. イムチ より:

    ではいつかイムチのバレーの試合で泣かしてみせます!
    負けても人を感動させるガッツで頑張ります!!
    イムチは病気モノのドラマを見るとヤバイです。
    “救命救急”とか泣きまくってました(>-<)。。
    恋愛モノでは“花より男子”がグッときちゃいます。
    特殊体質なのか恋愛モノの場合は胸が苦しくなって
    呼吸困難状態に陥るので危険です!!(笑)

  2. より:

    私も見ていました、荒川さんのテレビ。
    目の奥のほうにあるものが、普通の人と違うんでしょうね。
    一生懸命に何かに取り組む姿勢が素敵ですよね。
    私も打ち込める何かを見つけたいものです。

  3. SHU より:

    男ですがよく泣きます。
    スポーツでも映画や音楽でも。
    涙は心の汗だからこれからも流そうと思います。
    ただ、できるだけ嬉しい涙を流したいと思います。

  4. Gac より:

    いやいや、泣いときましょうよ、せっかくやし(?)
    イナバウワーしながら涙を流すWILDさんをみてみたい♪
    確かに、『男気溢れる』ってのは見かけなくなりました。
    特に格闘技系・・・熱くないねえ。
    異常に弱い、元横綱とか。観てて情けない。
    あげくの果てには、
    インチキ試合でチャンピオンになった小僧とかw
    高校野球の方がよっぽど熱いわいな。

  5. WILD より:

    >イムチ
    バレーの試合ぜひまた応援行きます
    フットサルと日程かぶらんように願ってます
    マツは帰ってきた???
    >嫁
    技術とかもそうなんでしょうが、気持ちや感情を一心に込めてるかどうかの差なんでしょうね
    >SHU
    よろこび涙が増えていくことをささやかながら
    願っております
    これから可能性の塊のご令嬢のおかげで増える一方でしょうね
    >Gac
    昔は普通にジャーマンスープレックスできとったけどなw
    こんな世の中でもまだまだ涙流せる対象を見つけられるのは嬉ですよ
    少なくなっているけど、そのぶん出逢えた時はうれしさ倍増!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
今年もよろしくです
no image
自転車
no image
お買いもの
no image
やっと買いました
no image
ひと段落
no image
ついに発表~!
no image
ロナウドがやってくる
no image
外国にあるおかしな法律 1
no image
サービス業について
no image
ON THE ROAD "FILM"